プロになりたい、そうありたい【クリエーター集会所】 It's New / About Site
もの書きの生態に 新規登録しませんか? Headline / Writers / Skill / Column / Item / Books / Link / BBS / Forum
メインメニュー
関連サイト
ものかきを探すなら
ものかきデータベース

公募情報を探すなら
公募サーチ


working diary
お仕事歳時記

※いずれも別窓で開きます。
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ■もの書き相談室(Forum) を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
メイン
   相談したいんです
     乳歯列期の矯正治療
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
hox128
投稿日時: 2012-12-3 14:49
新人さん
登録日: 2012-9-7
居住地:
投稿: 17
乳歯列期の矯正治療
「様子を見ましょう」は、あり得ることだと思います。問題なのは、「治療の方法がよくわからない、どうしていいか分からない」という漠然とした感覚で様子を見る場合です。様子を見る場合は、その理由をしっかり確認することが必要だと思います。

2番の「生え替わってからの治療で十分である」ですが、これには、受け口の何割かは「自然に治る」ということと関係していると思います。データは諸説ありますが、3割~1割程度の受け口は、上下顎の前歯が生え替わる時期に自然治癒いたします。

その為、程度の緩い受け口なら、不要な治療を避けるためにも、前歯の生え替わりを待つのは適切と言えます。ただし、歯科用ルーペ反対にいえば、7割以上の受け口は自然治癒しないまま、放置することになります。Cqintenyirnepng


反対咬合の前歯の逆転したかみ合わせを放置することにより、上顎は成長を抑制され、下顎は成長をコトロールする口腔内カメラ上顎前歯が機能しないため下顎の成長が過度に促進されます。そのため、いわゆる「三日月的な顔立ち」が加速されることになります。

また、「乳歯列期の矯正治療が、永久歯列期における正常な咬合を保証するものではない」という点も重要です。平易に言い換えますと、「乳歯列で矯正治療を受けても、前歯が生え替わる時に、また、受け口になる可能性がある」ということです。

そのため、乳歯列に受け口の矯正治療を開始するかどうかは、「自然治癒の可能性」、「再発の可能性」、歯科用品「放置することのリスク」に、ご両親の考え方とあわせて、主治医との十分な打ち合わせが必要と考えております。

3番の「早期治療が望ましい」ケースについてご説明します。簡単に言いますと「自然治癒が難しいそう」咬合器「乳歯列期で治りそう」なケースが適応かと思います。 それを理解いただけるよう、乳歯列での「受け口の程度」について見ていただきます。ご家庭での受け口の鑑別診断にも有用かと思います。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
発言数の多い話題
copyright (c) 2001-2005 Yukari Kitayuguchi All right reservedThanks a lot. OCEAN-NET